MENU
またあとでじっくり比較・検討したい人は「ブックマーク」お願いします。

ミノキシジル

一般のドラッグストアなどで売られている「リアップ」のメイン成分「ミノキシジル」は、発毛を促す治療でもっともポピュラーな成分です。

 

血流を良くするので、髪に必要な栄養をガンガン運んできてくれます。

 

通常は育毛剤として使うことが多いですが、薄毛専門クリニックや薄毛に力を入れているクリニックなどでは飲み薬を処方してもらうことができます。

 

育毛剤と飲み薬を両方とも同時に使うことができます。

 

どちらか一方を使う場合は、飲み薬のほうが効果が高いです。ただ飲み薬のほうはその分副作用として、全身の毛がまで濃くなってしまったりするので注意が必要です。
また濃度の濃さによって体にかかる負担が違うので使用する場合は、よく医師と相談したり定期的に血液検査をした方がいいでしょう。

 

プロペシアとの違い

育毛・発毛に特化した薬です。

 

「プロペシア」はAGA(男性型脱毛症)の抜け毛を抑制する効果がありますが、「ミノキシジル」にはAGA(男性型脱毛症)の抜け毛を抑制する効果がありません。

 

「プロペシア」で抜け毛を抑えつつ、「ミノキシジル」で発毛・育毛促進をしていく治療法が多くの薄毛専門クリニックで行われています。

 

優先順位としては、やはり1位は「プロペシア」で抜け毛を抑えることが重要となりますので、毎月薄毛治療にかかる費用に余裕がある人が「ミノキシジル」を使用すべきです。

 

薄毛があまり進行していない人なら、「プロペシア」のみで充分な場合もあります。

 

ミノキシジルの費用

ミノキシジルの濃度によって値段が変わってきます。

育毛剤

5000~10000円位。

飲み薬

10000円位

 

AGA専門クリニックなどでは「プロペシア」「ミノキシジル」セットの治療法を選ぶと別々の費用より安く済みます。
※オリジナル薬やオーダーメイド薬などは上記の2種類がたいてい使われています。

 

継続期間

使用してから6ヶ月ほどまでとてもよく効きます。

 

髪の毛は伸びるスピードが遅いので、実感するのは3ヶ月ほど経ってからです。

 

クリニックのカウンセラーの話によると1年くらいまではそこそこ効果があるようです。

 

だんだんと効果は薄れてくれるので、満足できるレベルに達すれば「ミノキシジル」の治療は止めて「プロペシア」のみの治療に切り替える人が多いです。

 

まだ満足できなのであれば別のアプローチ法もあるのでそちらに切り替えるのもいいでしょう。

 

そのあたりの話は担当の医師やカウンセラーに詳しく話を聞いてください。