プロペシア?サガーロ?どちらを使ったらいいの?

プロペシアとサガーロ

 

2016年6月13日に発売された【サガーロ】は、当初扱っているクリニックが少なかったですが数年が経過して多くのクリニックで扱われるようになりました。

 

【プロペシア】を使っている人は、【サガーロ】に乗り換えるべきか悩んでいるかもしれません。

 

またこれからAGAの治療を始めようと考えている人には、【プロペシア】と【サガーロ】どちらで治療したらいいかわからないかもしれませんね。

 

 

【プロペシア】と【サガーロ】の違いを調べてみましょう。

 

そうすればあなたに合った治療がわかると思います。

 

5α-リダクターゼ

AGAの薬を語るならはずせないのがAGAの原因の大元である【5α-リダクターゼ】という酵素です。

 

【5α-リダクターゼ】は、男性ホルモンの【テストステロン】と結合することで薄毛を促進させる【ジヒドロテストステロン(DHT)】というホルモンに変化します。

 

AGAの対策としては、【ジヒドロテストステロン(DHT)】を作らせないのが今のところ最善の方法です。

 

 

【5α-リダクターゼ】という酵素は、誰もが持っているわけではありません。

 

また生まれつき(遺伝)で【5α-リダクターゼ】の量が決まっており、生活習慣が悪いとかは全く関係がありません。

 

【5α-リダクターゼ】の量が多い人が、AGAの薄毛になる可能性が高いといえます。

 

 

また【5α-リダクターゼ】は1型と2型の2種類があることが確認されています。

 

1型は身体全体の皮膚、側頭部・後頭部の皮脂腺に多く存在します。

 

2型は前頭部・頭頂部の毛乳頭に多く存在します。

 

【プロペシア】と【サガーロ】の効果の違い

【プロペシア】と【サガーロ】ともに【5α-リダクターゼ】と【テストステロン】との結合を阻害することでAGAの原因である【ジヒドロテストステロン(DHT
)】を作らせなくする薬です。

 

ただし効果に違いがあるので詳しく見てみましょう。

 

【プロペシア】は【2型5α-リダクターゼ】と【テストステロン】との結合を阻害します。

 

【サガーロ】は【1型と2型5α-リダクターゼ】と【テストステロン】との結合を阻害します。

 

また【サガーロ】は【プロペシア】よりも強力に【2型5α-リダクターゼ】と【テストステロン】との結合を阻害します

 

これらからわかるとおり、【サガーロ】は【プロペシア】よりも優れた薬だということがわかります。

 

余談ですが、【サガーロ】の良さは【1型と2型5α-リダクターゼ】と【テストステロン】との結合を阻害するというより、【プロペシア】より強力に【2型5α-リダクターゼ】と【テストステロン】との結合を阻害する点にあると考えられます。

 

1型が存在するのは、身体全体の皮膚、側頭部・後頭部の皮脂腺です。

 

AGAを発症して身体全体の皮膚、側頭部・後頭部の毛が薄くなったという人に会ったことがありません。

 

油ギッシュになるだけで髪の毛の育成にはあまり関係がないと考えられます。

 

参考 あやべビューティークリニック

 

【プロペシア】と【サガーロ】の副作用の違い

薬は効果だけをみていては良いとはいえません。

 

副作用についても知っておくことが重要です。

 

先に答えを言ってしまうと、【プロペシア】【サガーロ】は試験の仕方や対象者数が違うものの【サガーロ】のほうが副作用のリスクが高いことがわかりました。

 

臨床試験時の【プロペシア】の副作用

48週間の二重盲検比較試験において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められた。

 

主な症状はリビドー減退 3 例(1.1%)
勃起機能不全 2 例(0.7%)等であった。

 

臨床試験時の【サガーロ】の副作用

第Ⅱ⁄Ⅲ相国際共同試験において、本剤が投与された総症例557例(日本人120例を含む)中、95例(17.1%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。
その主なものは、勃起不全24例(4.3%)リビドー減退22例(3.9%)
精液量減少 7 例(1.3%)であった。
日本人120例中、臨床検査値異常を含む副作用が報告された症例は14例(11.7%)であった。その主なものは、リビドー減退 7
例(5.8%)勃起不全 6 例(5.0%)射精障害 2 例(1.7%)であった。

 

国内長期投与試験において、本剤が投与された総症例120例中20例(16.7%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。
その主なものは、勃起不全13例(10.8%)
リビドー減退10例(8.3%)射精障害 5 例(4.2%)であった。

 

参考 城西クリニック福岡

 

【プロペシア】と【サガーロ】の料金の違い

自由診療のため一概に言えませんが、【サガーロ】のほうが料金が高いです。

 

理由は【プロペシア】のジェネリック薬を多くの製薬会社が作りはじめているので価格が下がっている一方、【サガーロ】はまだ国内ではジェネリック薬が発売されていない為1社独占状態になっています。

 

【サガーロ】は8000円台から10000円位費用がかかりますが、【プロペシア】のジェネリックは安いところだと3000円台とかもありえます。

 

AGAの治療は長期にわたる為、コスト面でも考える必要があるでしょう。

 

まとめ

【プロペシア】と【サガーロ】の違いがわかっていただけたでしょうか?

 

効果・副作用・コストの3つをよく考えてあなたに合ったAGA治療してください。

 

どちらにしても早期治療はとても大切なので、早めにクリニックを受診してください。